FC2ブログ

Category痔と間違えやすい病気とは? 1/2

スポンサーサイト

No image

  •  -
  •  -

痔と間違えやすい病気とは? ⑨

【尖圭コンジローム】■性行為のときに、  ヒトパピローマウイルス(HPV)ウイルスが感染して、 肛門内や肛門周囲の皮膚に カリフラワー状のイボが多数できたもの。 イボは痛みやかゆみなどの自覚症状はほとんどなく、 外科的手術を行って切除します。しかし再発することが多い。、向日市、長岡京市、乙訓郡、亀岡市、宇治市、高槻市、茨木市などの地域にお住まいで、【痔・肛門・便秘・下痢のことでお困りの方】は、一人で悩...

  •  -
  •  -

痔と間違えやすい病気とは? ⑧

【大腸憩室症】■ 大腸壁が弱くなって、大腸粘膜が腸管外へ袋状に脱出する、大腸憩室症という病気が中高年になるとよくみられます。■ 良性疾患なので、無症状のときは心配いりませんが、腹痛、下痢、便秘を繰り返したり、時々下血を生じることがあります。大腸内の内圧が高まることが憩室症の原因ですが、ストレスや便秘、食事の欧米化が影響しています。■ 食物繊維と十分な水分をとり、便秘を予防することや、適度な運動でストレス...

  •  -
  •  -

痔と間違えやすい病気とは⑦

【虚血性大腸炎】■ 突然激しい腹痛とともに、下痢、下血が起こる急激に発症する病気。■ 中高年の女性に多いが、頑固な便秘の若い女性にも時々みられます。■ 原因として、ストレスや動脈硬化、便秘などがあり、それらの影響で、結腸の血流が悪くなって起こると考えらえています。■ 多くの場合、絶食、点滴などの保存的治療で回復しますが、大腸が高度に狭窄したり、壊死した場合、外科切除が必要です。■ 京都市、向日市、長岡京市...

  •  -
  •  -

痔と間違えやすい病気とは? ⑥

【スキンタグ】■ 皮膚痔、肛門皮垂ともいいます。肛門の周囲の皮膚にできたたるみで、多くは痔核や裂肛の腫れがひいたあとにできます。■ 女性場合、肛門前方にできることが多く、産後や慢性的な裂肛が影響していることもあります。■ 違和感やかゆみに対して保存的治療で改善しないときは、切除することで症状は速やかに消失します。■ 京都市、向日市、長岡京市、乙訓郡、亀岡市、宇治市、高槻市、茨木市などの地域にお住まいで、【...

  •  -
  •  -

痔と間違えやすい病気とは? ⑤

【クローン病】■ 口から肛門までの消化管に、びらんや潰瘍を生じる原因不明の慢性の病気です主な症状は、腹痛、下痢、発熱、体重減少などで、20~30歳代での発症が多い。口腔粘膜に痛みを伴う小円形の潰瘍がみられたり、難治性の肛門周囲膿瘍などの肛門疾患を合併することがあります。また関節炎、皮膚症状、眼症状も合併することもあります。■ 京都市、向日市、長岡京市、乙訓郡、亀岡市、宇治市、高槻市、茨木市などの地域にお住...

  •  -
  •  -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。