FC2ブログ

Category脂肪腫 1/1

スポンサーサイト

No image

  •  -
  •  -

脂肪腫とは? ⑤

【治療方法】■ 痛みがなく腫瘤も小さければ、経過をみるだけでもよいでしょう。■ 体の露出部にあり目立つので小さくても気になる場合は、手術で摘出します。比較的短時間の、局所麻酔下の日帰り手術で摘出することができます。■ しかし腫瘤が急速に大きくなる場合は、悪性が疑われるため、速やかに摘出手術を受けることが大切です。病理学的検査で悪性と診断がついた場合はさらに専門的な追加治療が必要となります。■ 京都市、向日...

  •  -
  •  -

脂肪腫とは? ④

【検査】■ 画像検査にはエコー検査、CT検査、MRI検査があります。区別が必要な疾患として、軟部組織の肉腫(悪性腫瘍)や嚢腫等があります。■ 実際の診療においては画像検査だけでは、悪性の脂肪肉腫と鑑別が困難なことがあります。そのため手術で摘出し、病理組織学的検査を行います。■ 大きなものや急速に増大したものは、悪性の可能性があり、画像検査だけにたよらず、速やかに手術で摘出することが望ましいです。 ■ 京都市、向日...

  •  -
  •  -

脂肪腫とは? ③

【症状】■ 基本的に痛みはなく、瘤として自覚するのみです。また瘤による運動障害もみられません。■ 皮下組織に見つかることが多く、まれに筋肉と筋肉の間やさらに深部にも発生します。多くの場合、腫瘍のサイズはあまり変化しませんが、ときどき徐々に大きくなり、5cm~10cmにまでなることががあります。■ 京都市、向日市、長岡京市、乙訓郡、亀岡市、宇治市、高槻市、茨木市などの地域にお住まいで、【ソケイヘルニア・痔・便秘...

  •  -
  •  -

脂肪腫とは? ②

【原因は】■ 脂肪腫は、脂肪を蓄えた細胞が増殖してできますが、詳しい原因はわかっていません。 遺伝性、体質的なものも、外傷によるもの、ストレス性などいろいろな説がありますが、どれも定かはありません。【脂肪】とついているので、太った人に関係しているとイメージしがちですが、そのようなことはなく、痩せた人にでも脂肪腫はできることがあります。■ 京都市、向日市、長岡京市、乙訓郡、亀岡市、宇治市、高槻市、茨木市...

  •  -
  •  -

脂肪腫とは? ①

■ 脂肪組織からできた良性腫瘍で、【脂肪の塊】です。40〜50代の女性に多いとされています。背中や肩周囲、臀部の皮下組織に発生し、外来診療でもよくみかける疾患です。■ 脂肪腫そのものは皮下脂肪と同じ黄色を呈していますが、外側は非常に薄い膜でおおわれています。■ 京都市、向日市、長岡京市、乙訓郡、亀岡市、宇治市、高槻市、茨木市などの地域にお住まいで、【ソケイヘルニア・痔・便秘・下痢・皮下皮膚腫瘍・巻爪のことで...

  •  -
  •  -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。