FC2ブログ

Category痔 1/5

スポンサーサイト

No image

  •  -
  •  -

【市販薬で痔がなかなか治らない方へ】

【市販薬で痔がなかなか治らない方へ】痔・鼠径ヘルニア(脱腸)専門の王子クリニック ■近頃はインターネットですぐに調べることができるので患者さん自身で痔と判断し、【長い間市販薬を使っていたが治らない】というケースが多々あります。■また肛門周囲膿瘍をいぼ痔と自己判断し、市販薬を塗り続けたため、かえって病状が悪化されている方もおられました。■実際痔は薬だけではなかなか治らない病気です。■正確な医師の診断のも...

  •  -
  •  -

排便習慣は痔核発症のリスク因子です。

排便習慣は痔核発症のリスク因子です。排便困難や残便感は、痔核の進行を速める可能性があります。■当院では、医師による痔核や便秘の治療を行うとともに、再発や進行を防ぐために、皮膚・排泄専門看護師(WOC)が、円滑な排便を促す指導を懇切丁寧に行っています。■京都近郊で痔や便秘でお悩みの方は、王子クリニック  へぜひご相談ください。■京都市(西京区 南区 伏見区 右京区 左京区 中京区   下京区 北区 山科区...

  •  -
  •  -

ストレスからくる便秘を解消すると、痔の予防につながる。

ストレスからくる便秘を解消すると、痔の予防につながる。■ 強いストレスを長くかかえると便秘になることがあります。■ ストレスで自律神経のバランスがくずれ、腸の動きがにぶくなり、便秘になります。■ ストレスを解消するには、入浴が効果的です。■ 目安としては、38~40度のお湯に、15~20分つかるのがいいでしょう。■ こころとからだの緊張がとれて、リラックスできます。■ また血行がよくなるので、おなかの動きが活...

  •  -
  •  -

痔のことでお困りなら!

痔のことでお困りなら、京都向日市の王子クリニックへご相談ください。恥ずかしさの少ない工夫をしています■ 診察につく看護師は全員女性です。看護師が介助しながら、 ズボンやスカートは脱がずに診察台にあがり、ひざを抱えるようにして横向きになって、図のような診察の姿勢をとっていただきます。■ またおしりにはバスタオルをかけさせていただきます■ 繊細で素早い対応を心がけています■ 続いて医師が診察します。その際、痛...

  •  -
  •  -

肛門科のクリニックが診療の軸とする【肛門疾患ガイドライン】

◆痔核の成因痔核の病因としては,肛門クッションやその支持組織の減弱,肛門内圧の関与が示唆されている。◆肛門クッションとは、静脈叢と周りの弾性結合組織、平滑筋組織からなる弾力に富んだ部位のこと。肛門の隙間を閉鎖し、ガスや便汁がもれるのを防ぐ働きがあります。■ 京都市(西京区、南区、伏見区、右京区、北区、上京区、中京区、下京区、左京区、東山区、山科区)向日市、長岡京市、乙訓郡、亀岡市、宇治市、八幡市、京田...

  •  -
  •  -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。